大卒の看護師

看護師になるためには、看護養成課程のある4年制の大学か看護専門学校に進学するか2つの道があります。看護師になりたいのであればどちらの進路でも構わないと思いますが、専門学校は看護師として実践を多く積むことが出来るという特徴があります。看護大学に比べて学生時代の実習の数は多くなるし、大学は4年間ですが3年間で学ぶので大学より短い期間で詰め込むことになります。ですので、看護学生時代は毎日勉強に実習に追われるとても忙しい毎日になります。それに対して4年制の大学の方は、こちらも忙しくはなりますが、看護師としてというよりは看護に携わる研究者や教育者を育成する目的も兼ねているので、じっくり勉強することも多くなります。当然実習もありますが、専門学校との違いはここにあると思います。また、看護師となってからも現場での主任や婦長など、リーダーとして選ばれやすいのは大卒の看護師となるでしょう。キャリアが長くなれば管理職につくこともあります。ですので、看護師としてずっと現場にいたいと思う人は専門学校で、管理職になったり人をまとめる側になりたいと考える人は大学進学をしたほうがいいと言えます。また、近年は高度化する医療に伴い、看護師も高学歴の方がいいとして学生の大学進学を進める動きもあります。しかし、現場としては依然看護不足の問題は解決していないので、早く経験を積ませたいという意見もあり、大学に絞られるということはないとは思いますが、どちらにしても看護師としての能力を高める努力を現場に入ってもする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>